AS/400システム移行サービス

こんなことでお困りではありませんか?

・AS/400エンジニアが確保できない

・業務を理解する担当者がいなくなってしまった

・ドキュメントが無く、個人の頭の中に仕様がある

・将来的にはシステム刷新したいが、まだ手をつけられていない

「AS/400システム移行サービス」が すべて解決します!

「AS/400システム移行サービス」とは?

1.スクラッチ開発によるシステム刷新

コンバートツールを使用しての移行は、変換率や操作性・保守性においてさまざまな課題があるため、当社ではスクラッチ開発によるシステム刷新を推奨しています。
当社の移行サービスでは、ソースを解析し、スクラッチ開発する方法を採用しています。 RPGのソースを解析して設計書を作成し、その設計書からJavaのプログラムを作成します。さらに整合性の担保に関して、プログラム間の現新比較と設計書・新システム間のテストを実施します。

2.保守サービスからのスタートも可能!

「予算も、社内の体制もまだ準備できていない」「どのようにシステム刷新していくか、まだはっきりと決まっていない」・・・
そんな場合は、まず保守サービスからスタート。現行システムの仕様を理解しドキュメント化することで、ブラックボックス化してしまったシステムを保全し、現行業務に即したシステムへスムーズに改修します。

保守サービス利用のメリット

保守サービスチームと
開発チームが連携

開発工程におけるお客様の負担を低減

最適なソリューションの
ご提案が可能

システム刷新のクオリティが向上

RPG・Java両方の知識を持つ
メンバーが対応

システム刷新後も長期的なサポート体制

ラキールの強み

長年にわたる1,000社以上の保守実績

AS/400の登場以来多くのお客様に対し、AS/400関連のシステム開発、導入、保守、運用等のサービスを提供。20年以上にわたって大手企業の保守に携わり、多くのノウハウや業務知識を蓄積してきました。
現在では、非AS/400システム開発とそのAS/400システムとの連携や、AS/400のOPEN化やリコンパイルなど両方のノウハウを生かした開発案件も数多く対応しています。

RPG・マイクロサービス両方の知識を持つベテラン・若手が多数在籍

長年の経験により蓄積されたノウハウを若手の技術者へも積極的に継承しているため、RPG、java両方の知識を兼ね備えた技術者が多数在籍しています。そのため、IBMi(AS/400)に蓄積されているプログラムなど既存資産を活かしつつ最新技術を取り入れる業務の全てをラキールが一貫して対応することができます。また有識者が枯渇することもないため、数年、数十年先を見据えた長期的なサポートが可能です。

お気軽にご相談ください

具体的な進め方がまだイメージできていないという方でも、担当スタッフがご状況をヒアリングの上ご提案いたします。
詳しい話を聞いてみたい、まずは資料を送ってほしいなど、どんなことでもお気軽にお問合せください。