人事部と現場の信頼関係構築の実態調査
現場マネージャーの能力が他社より低いと
感じている人事部は約7割
~現場と信頼関係が築けている人事部の違いとは?~

株式会社ラキール(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「ラキール」)はこの度、人事部門と現場マネージャーとの関わりや支援状況の課題を明らかにするため、「人事部門と現場マネージャーのデータ活用状況」「マネージャー層の育成支援と組織課題」について調査を実施しました。

 

■調査結果サマリー

1.人事部が自社のマネージャー層のスキルや能力は他社より低いと回答した企業の割合は約7割。また、自社のマネージャー層のスキルや能力は他社より高いと回答した企業は現場マネージャーの支援として「HRBPを配置している」割合が多い。

 

2.「人事部から現場マネージャーへの情報提供」「課題解決に向けた施策実行の推進」が出来ていない企業は約6割。「現場マネージャーとの信頼関係構築」が出来ていない企業は4割以上。

 

 

 

3.「人事部からの情報提供」を定期的に行っている企業は、「課題解決に向けた施策実行に進めている」「場マネージャーとの信頼関係が築けている」

 

 

■調査背景

 昨今、日本でも戦略人事や人的資本経営などに関心が高まっており、世界的にも様々な企業が取り組みを進めています。推進の中心となる人事部門は現場を動かすことが求められていますが、現場との関係構築や支援方法について模索している企業は多く、ラキールは統合型人事システム「LaKeel HR」の提供を行うと共に、人事部門の実態調査を実施し、顧客の課題解決に向けた支援をしています。

 

■調査概要

調査レポート:「人事部と現場の信頼関係構築に関する調査レポート~人事データの効果的な活用とマネージャーの育成支援~」

レポート内容:全22ページ 無料ダウンロードURL: https://sslbi.lakeel.com/form/hrdownload19

第1章:人事部門と現場マネージャーのデータ活用状況

    調査対象:日本の人事部主催『HRカンファレンス』弊社セミナー参加者41名

調査方法:インターネット調査

調査時期:2023年5月

第2章:マネージャー層の育成支援と組織課題

    調査対象:HRプロ会員202名

調査方法:インターネット調査

調査時期:2023年6月

 

■データの引用・転載に関するお願い

本データの著作権はラキールが保有します。調査データの引用・転載時には、必ずクレジット「株式会社ラキール」を明示くださいますようお願いいたします。また、Webサイト(https://hr.lakeel.com/)へのリンクも貼っていただけますと幸いでございます。

 

LaKeel HRについて

LaKeel HRは、オペレーション人事から「実行できる戦略人事」へ変革を支援する統合型人事システムです。人材管理・給与・勤怠・入退社手続き・タレントマネジメント・分析など総合的に機能を搭載し、組織や人材にかかわるデータを集約することができます。また、先進的な技術でソフトウェアの部品化と再利用を可能とするアプリケーション開発運用プラットフォーム「LaKeel DX」上で組み立てられているため、個社特有の業務はカスタマイズで機能追加し、LaKeel HRとの連携が簡単にできます。そして、インターネット上に存在するシステムとWeb APIを介して自由に連携することができます。

 

LaKeel HRサービスサイト https://hr.lakeel.com/

株式会社ラキール                   https://www.lakeel.com

 

* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際に生じる結果と異なる場合がありますので、予めご了承ください。

 

■本件に関するお問合せ先

株式会社ラキール

広報・マーケティング本部

TEL:03-6441-3859

Email:marketing@lakeel.com

※本記事は2023年12月の内容です。
ページトップへ戻る
消す
バナー