ブログ記事

CoE(Center Of Excellence)とは?戦略人事との関係も解説!

昨今、組織内に「CoE(Center Of Excellence)」を導入する動きが業界問わず起きています。人事領域にも導入されており、近年取り組む企業が増えている「戦略人事」をより効率的に実施できることから、注目が集まっています。
今回は、人事領域におけるCoEの役割や戦略人事との関係、人事に取り入れるメリットを解説します。


目次[非表示]

  1. 1.CoE(Center Of Excellence)とは?
    1. 1.1.人事領域のCoEとは?
    2. 1.2.戦略人事とは?
    3. 1.3.戦略人事におけるCoE・HRBPとは
    4. 1.4.CoEが果たす役割
  2. 2.CoEは戦略人事の中心的な機能
    1. 2.1.CoEは戦略人事の中心的な機能となる
  3. 3.CoEを含めた戦略人事を推進する組織に変革するメリット
    1. 3.1.専門知識とスキルの集約による高度な人事戦略の実現
    2. 3.2.効率的なリソース利用
    3. 3.3.イノベーションと改善の促進
  4. 4.まとめ

CoE(Center Of Excellence)とは?


CoEとは、「Center Of Excellence/センターオブエクセレンス)」の略称で、組織の中核となる部署や研究拠点のことを指します。もともとは大学に置かれた研究拠点を起源とする言葉であり、近年は企業においてもさまざまな業界や分野で設置が進んでいます。

業界や分野によってCoEの役割や構成員は異なりますが、トップレベルの人材やノウハウなどを持つ組織・グループとして企業内に設置されます。


人事領域のCoEとは?

人事領域におけるCoEは「中央の人事機能」を意味します。

給与体系構築の専門家、能力開発プログラム構築の専門家、採用分野の専門家など、各分野における専門家が集まり、経営的な視点から各種人事制度を開発します。

例えば、人事評価制度や報酬制度の構築や、人材育成プログラムの開発、人事システムの導入などを行います。


戦略人事とは?

そもそも、戦略人事とは「経営戦略や事業戦略と連動した人事戦略を策定し実行すること」を指します。

いくら優れた経営戦略や事業戦略があっても、それを実行するヒトがいなければ実現が難しくなります。 また、ビジネス環境の変化が激しい現代において、企業が競争優位性を確保し続けるには、変化に対応できる人材の獲得が求められます。そのためヒトを中心とした戦略的な人事に舵を切る必要性が生じており、国内企業において、組織的に戦略人事に取り組む流れが起きています。

戦略人事を推進するためには、経営戦略や経営ビジョンを明確にし、経営目標の達成に必要な人材像を定めた上で、必要な戦略を検討し、戦略に基づく制度設計や採用・人材育成の計画を行っていきます。

関連記事|戦略人事とは?企業事例や人事戦略との違いを解説


戦略人事におけるCoE・HRBPとは

経営戦略や事業戦略と連動した人事戦略を策定し実行する戦略人事の推進において、CoEは中心的な役割を担います。

またCoEは、現場での問題解決を担うHRBP(HR Business Partner)と呼ばれる立場の活動を支援する役割もあります。HRBPは、経営戦略や事業戦略に基づき、経営者や事業部長のパートナーとして、人事課題を解決するための戦略を構築し、企業や事業の成長をサポートしていく戦略人事のプロフェッショナルです。

従来の人事制度などの設計・運用や労務管理などをオペレーションとしてとらえ実行していた「オペレーション型人事」では、何らかの課題が生じた際にも、あくまで人事業務の改善を目的に動いていました。そのため、経営戦略や事業戦略と直接的につながってはいませんでした。

一方、CoEやHRBPが関わる戦略人事は、常に経営視点から市場競争で勝ち抜くための戦略として人事課題の解決を進めていく点で異なります。


CoEが果たす役割

CoEの役割は、経営戦略をもとに全社的な人事制度を開発し、定着させることにあります。そのために、HRBPから社内知識の収集行い、その知識をもとに企画や施策の立案をします。実行後の効果についてHRBPからフィードバックをもらい、組織横断的に改善を行います。



CoEは戦略人事の中心的な機能



CoEと戦略人事との関係を詳しくみていきましょう。


CoEは戦略人事の中心的な機能となる

人事領域のCoEは、戦略人事を支える中心的な機能となります。戦略人事における人事戦略は、経営視点で広い視野を持って立案されるべきです。その点、各分野のエキスパートが集まるCoEは組織横断的な集団であり、戦略人事を先導するのに理想的な立ち位置といえます。

またCoEが人事KPIを握り、随時フィードバックを行うことで、人事施策と経営戦略との連動性を保つことができます。



CoEを含めた戦略人事を推進する組織に変革するメリット


CoEやHRBPなど、戦略人事に向けた組織変革を実現することで、人事部門にどのようなメリットが生まれるのか、今回はその中でもCoEによるメリットについてご紹介します。


専門知識とスキルの集約による高度な人事戦略の実現

CoEは特定の人事領域や機能に専門的な知識とスキルをもった人材を集中させるため、人事部門全体の専門性と専門知識の向上を促進することができます。これにより、高度な人事戦略やプロセスの構築と実行が可能になります。


効率的なリソース利用

CoEは専門的なリソースを集約し、効率的に活用します。これにより、HRBPの業務が効率化され、コスト削減や戦略人事に向けた施策実行に注力できるようになります。


イノベーションと改善の促進

CoEは新たなアイデアやイノベーションを探求し、人事戦略やプロセスの改善を促進します。これにより、人事部門は市場や組織の変化にも柔軟に対応できるようになり、組織全体の競争力の強化にもつながります。



まとめ

近年、注目される人事領域のCoEの特徴や役割、戦略人事との関係などをご紹介しました。CoEの設置により、戦略人事が大きく前進する可能性があります。ぜひ参考にされてください。

戦略人事を推進するに当たって、データ収集・分析・活用は欠かせません。最適な人事システムをお探しなら、「LaKeel HR」がおすすめです。勤怠管理や給与管理などの基本的な機能に加えて、採用分析や人事評価分析、異動配置シミュレーションなどのデータ分析、そして施策実行を一つのシステムでまるごと行うことができます。

CoEを中心とした戦略人事を実行するのに「LaKeel HR」が大きな助けとなります。


●LaKeel HRのサービス資料はこちらよりダウンロードいただけます。​​​​​​​

戦略人事実行のためのお役立ち資料

LaKeel HRでは、戦略人事を実行するためのお役立ち資料を約10種類ご用意しています。
【DL資料内容】
・人的資本経営の第一歩
・SDGs経営のための
 サステナブル人事実現のヒント
・戦略人事 課題調査レポート
・失敗しない人事システム導入前チェックシート
・事業部を巻き込んだ人材・組織マネジメントとは
その他
是非、以下よりダウンロードしてご覧ください

ピックアップ記事

まずはお気軽にご相談ください
戦略人事のお悩みにお応えします

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)