ブログ記事

HR Techとは?注目される背景や市場規模を解説!

近年、よく耳にするようになった「HR Tech」という言葉。市場拡大と共にその技術も進化しており、様々なソリューションが生まれています。

そこで今回は、HR Techの意味や注目される背景、市場規模、導入メリットや種類などをご紹介します。                                                                                       


目次[非表示]

  1. 1.HR Techとは
  2. 2.HR Techが注目される背景
  3. 3.HR Tech導入メリット
    1. 3.1.自動化による省力化・省人化
    2. 3.2.定量的なデータに基づく評価・最適配置が可能に(脱感覚人事)
    3. 3.3.人事を戦略的に実行できる
    4. 3.4.属人化防止
    5. 3.5.未然に退職・休職を防げる
  4. 4.HR Techの種類
    1. 4.1.人材管理システム
    2. 4.2.採用管理システム
    3. 4.3.労務管理システム
    4. 4.4.勤怠管理システム
    5. 4.5.教育・育成管理システム
  5. 5.おすすめのHR Tech「LaKeel HR(ラキール・エイチアール)」
  6. 6.まとめ

HR Techとは

HR Tech(エイチアール・テック)とは、「人事」を表す「HR(Human Resources)」と「テクノロジー」を掛け合わせた言葉です。テクノロジーを活用し、人事業務全般を効率化するソリューションを指します。

そのHR Techがカバーする人事業務の範囲は幅広く、労務管理や採用管理のほか、人材管理や勤怠管理、教育関連など多岐に渡ります。

クラウドや人工知能(AI)、ビッグデータ解析などの最先端テクノロジーを活用し、さまざまな人事課題を解決・効率化します。

具体的には、勤怠管理システムや給与計算ソフト、社員のスキルを可視化して管理するタレントマネジメントシステムなどがあります。

HR Techが注目される背景

HR Techの市場規模は近年、世界的に拡大傾向にあるといわれています。

ところが、HR総研の調査によると2021年時点の日本企業のHRテック導入状況は、見直しなど検討中の企業を含めて「導入済み」である企業の割合は、24%という状況でした。現在、導入は検討してはいるものの、導入そのものはまだ検証段階であることから、顕著な増加は見られないようです。

ただ、企業規模別にみると、従業員数1,001名以上の大企業では「すでに導入済み/検討中」の割合は58%と6割近くに上っており、301~1,000名の中堅企業でも同様に55%、300名以下の中小企業では29%であることから、企業規模が大きいほど導入が進んでいるようです。


出典:ProFuture株式会社/HR総研「HRテクノロジーの活用」に関するアンケート2021年6月25日~7月1日https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=317

HR Techは、なぜ注目されているのでしょうか。それは、昨今の業務効率化の必要性やDX推進、人手不足による採用強化などを背景に、近年のクラウドサービスの普及や高機能デバイスの登場、ビッグデータ活用の潮流がきていることが考えられます。

また、システムを導入するコスト面や環境面のハードルが下がるクラウド型は、中小規模の企業でも導入しやすくなったこと、そしてAIなどの技術の発展により、ビッグデータの分析技術が飛躍的に向上したことから、様々な人事業務に分析結果を活用できるようになったことも一つの要因です。

HR Tech導入メリット

HR Techを企業が導入すると、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。主に次のようなことが考えられます。

自動化による省力化・省人化

HR Techを導入することにより、これまで手作業で行っていた業務が自動化、もしくは簡便化でき、省力化や省人化が実現します。例えば、人事・採用に関するデータ入力や集計の自動化などにより、業務効率化や長時間労働の改善などが期待できます。

定量的なデータに基づく評価・最適配置が可能に(脱感覚人事)

人事評価や採用選考において人材管理を行う際に、HR Techによって評価を数値化することにより、より定量的なデータ分析を行うことができるようになります。さらに、職務経歴や適性検査、面接時の定量的評価などのビッグデータを活用して人材採用時の適性マッチングや適所適材の人材配置などに活用できます。

人事を戦略的に実行できる

HR Techの様々な機能を活用することにより、精度の高い現状分析や未来予測ができるため、人事戦略の立案・実行がしやすくなります。HR Techの分析結果があれば、経営戦略や社会情勢に対応する人事施策を検討し、積極的に提案していくことが可能です。また、実行後においても進捗や効果を随時把握できるので、効果的に実施できます。

属人化防止

これまで属人化していた業務もHR Techによって作業の標準化・自動化されれば、担当者が変わっても対応可能です。業務の質も均一に保ちやすくなります。最新データは担当者しかわからないといったことがなくなります。

未然に退職・休職を防げる

人手不足が深刻化する中、自社にとって有益な人材の退職は避けたいものです。そうした中、日常的に人材管理や適切な評価を行うことで、社員のちょっとした変化に気付き、未然に退職や休職を防ぐことができる可能性があります。

HR Techの種類

HR Techには、様々な種類があるとお伝えしました。ここでは主な種類をご説明します。

人材管理システム

タレントマネジメントシステムとも呼ばれており、社員の基本情報や入社から退社までの発令・異動履歴・等級などを一元管理するシステムです。

採用管理システム

採用活動時に、応募者の基本情報、履歴書や職務経歴書の管理や、選考プロセスの進捗の把握、選考の評価データの管理、応募者へのフォローメールのやり取りなどを行うシステムです。

労務管理システム

社会保険、雇用保険、給与計算などの労務管理の全般の各種手続きをサポートするシステムです。

勤怠管理システム

勤怠の打刻や管理、シフト作成・管理、休暇や残業申請・管理を行うシステムです。

教育・育成管理システム

人材教育を実施する際の学習教材の配信や受講状況の進捗の確認、成績管理などを行なうシステムです。

おすすめのHR Tech「LaKeel HR(ラキール・エイチアール)」

HR Techの中でも、特におすすめなのが「LaKeel HR(ラキール・エイチアール)」です。経営戦略と人材マネジメントを連動させる「戦略人事」の実行をサポートするSaaS型人事統合システムです。

人材管理、勤怠管理、給与管理をはじめとした、入退社手続きやタレントマネジメントなど、基本的な人事労務に必要な機能を網羅しています。業務プロセスを可視化する機能や、ポータル画面を個別カスタマイズする機能を搭載し、直感的に使いやすいデザインにより、どのような方でも使いやすいシステムになっています。

また、データ分析が行えるのはもちろんのこと、その結果から休職・退職予備軍を抽出する機能などが備わっており、戦略的な人事を全般的にサポートします。例えばエンゲージメントサーベイの結果が低い社員がいる場合に自動通知が来るといったように、人事戦略の実行を後押しします。

最大の特徴は、要件に合わせて素早く柔軟にカスタマイズができる点です。

企業によっては独自のルールやプロセスが存在し、パッケージ商品を使うことで、一部の機能をツール以外で使用する必要があったりと、不便に感じる点が出てくることもあります。LaKeel HRは、利用中に社会トレンドや事業方針に合わせて、機能追加や入れ替えを柔軟に行なうことができ、常に最適な状態を保つことができます。

「LaKeel HR」は導入前の要件定義・設計 に重点を置くことで、手戻りの少ない導入を実現します。パッケージ製品のスピードとオーダーメイドの柔軟性の両面を実現したHR Techは業界でも大変珍しく、LaKeel HRの最大の強みと言えます。

まとめ

HR Techの導入が進む中、いち早く導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。

HR Techの必要性と得たいメリットや効果を踏まえて最適なHR Techを選ぶことが重要です。

データ活用はもちろんのこと、戦略的に人事を実行していくのなら、「LaKeel HR」の導入がおすすめです。



ピックアップ記事

まずはお気軽にご相談ください
戦略人事のお悩みにお応えします

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
ページトップへ戻る
消す
バナー